開発企画室

Concept

ICT(情報通信技術)や3次元データを活用する
「i-Construction」への取組みと
「UNIQUE CONSTRUCTION」


平成22年から取り組み、経験を積んだ「情報化施工」が平成28年からは「ICT施工」へ発展!
UAV(ドローン)や3次元レーザースキャナーによる測量、自動制御が可能なICT建機での施工などで経験の浅い人でも「より早く」「より正確に」「より簡単に」できる環境が整いました。
 
建設業の3K「きつい、危険、きたない」は「給与が高い、休暇がとれる、希望がもてる」の新3Kを目指しており、それには「i-Construction(ICT施工)」が欠かせないと私たちは考えます。
 
平成28年からはICT専門部署「ICT事業部」を創設、常に新技術を探し提案を行う「開発企画部」と合わせて人材の育成を図りつつ社内の技術力向上を推進しています。
平成29年4月にはプロジェクト名[UNIQUE CONSTRUCTION]からの企業ブランド[UNiCON]を始動!
(UNIQUE:他にない、唯一の / UEMURA Next Innovation(次なる技術革新) & i-Construction)
3次元レーザースキャナーによる計測・解析、3次元設計データ作成、ICT建機による施工を自社で完全対応できる体制を構築し、建設業界では類を見ないモービルオフィスを配備しました。
モービルオフィスは車内での3次元データ処理に加え、wifi通信設備/複合機/42型大型モニターを装備しドローンによる空撮をモニタリング、メールでの送付や印刷も可能となりました。
衛星電話通信システムや広域無線機、電子レンジや冷蔵庫、手洗い場やベッドが完備され災害発生時には発電機能付PHEV車とともにいち早く被災地へ向かいます。
 
私たちは新技術や新たな手法を武器に『防災に強い総合建設業』を目指します。